袴田事件

再審認める!48年ぶりに釈放!

【警察と検察の証拠ねつ造の疑い】

平成26年3月27日

 昭和41年に静岡県で一家4人が殺害された袴田事件で、静岡地方裁判所は死刑が確定していた袴田巌さんの裁判のやり直しを認める決定を出しました。また裁判所は、捜査機関が証拠をねつ造した疑いがあると、当時の捜査を厳しく批判し、釈放を認める異例の決定を出しました。

 

 袴田事件とは、皆様もご存知の通り昭和41年静岡市清水区で、みそ製造会社の専務の一家4人が殺害された事件で、この事件の争点は事件から1年2ヶ月後に、現場近くのみそタンクで犯人が着ていたと思われる5点の衣類が見つかり、その衣類が袴田さんの物かどうかという事で争われていた事件です。当時のDNA鑑定では、袴田さんのDNAは出ていなかったにもかかわらず、検察は鑑定結果を信用できないとし、また当時の裁判所もこれを認め、袴田さんは何一つ証拠の無い状況で死刑判決を言い渡されたのであります。

 

 再審の決定で静岡地方裁判所の村山浩昭裁判長は、元被告が犯行時に着ていたとされたシャツの血液が、本人のDNAと一致しないという鑑定結果は信用できるとし、またズボンのサイズが合わない可能性もある他、長期間みそ漬けにされていたとされる衣類の色も薄く不自然だと指摘しました。

 

 この再審の決定に対し、静岡地方検察庁の西谷次席検事は、「予想外の決定であり本庁の主張が認められなかったのは誠に遺憾である」と馬鹿げたコメントを出しています。また静岡県警察本部は、「コメントは差し控えさせていただく」と完全に逃げ腰である。当時の死刑判決文を書いた熊本元裁判官は、「公判で袴田さんがやっていませんと言った姿を思い出すと涙が出る」と今でも悔やみ続けている。また有罪認定は難しいと思っていたが、結果的に先輩判事に押し切られたと告白しています。

 

 この様に無実の人を陥れ、48年もの間拘束し続け、一つ間違えたら死刑執行されていたかも知れない恐ろしい事件であります。警察と検察がねつ造し、裁判所も一緒になって有罪にする様な、この様な冤罪事件を絶対に許してはなりません。一番悪いのは、警察・検察・裁判所なのであります。賠償するからでは終わらない問題であります。

 

 当時の捜査関係者全員が逮捕され、袴田さんが失った時間と同じ時間を拘束されなければならない様な事件だと思います。

HPリンク集

※下記画像をクリックすると

 リンク先へ訪問できます。

麻薬追放   国土浄化同盟 HP
麻薬追放   国土浄化同盟 HP
任侠道 HP
任侠道 HP
悠久社 HP
悠久社 HP
飛鳥の光 HP
飛鳥の光 HP
暴対法暴排条例 HP
暴対法暴排条例 HP
振込詐欺について HP
振込詐欺について HP
警察官・公務員の不祥事HP
警察官・公務員の不祥事HP
日本赤十字社     義援金ご案内 HP
日本赤十字社     義援金ご案内 HP

東日本大震災で被害に

あわれた方々を支援しています。

一日も早い復興にご協力下さい。

セーブザチルドレン支援金ご案内 HP
セーブザチルドレン支援金ご案内 HP

日本の子供たちの貧困を

なくす為支援しています。

ご支援にご協力下さい。