日清/日露戦争

朝鮮半島を守る為の戦争

=日本の勝利はアジア各国に希望を与えた!=

日清戦争

 日清戦争とは1894年8月に始まり、日本が清に勝利した戦争の事であり、勝利した日本は下関条約を清との間に結び、その後大躍進をとげることになった戦争であります。


 1884年、朝鮮で東学党の乱という内乱が起こります。東学党の乱とは、一種の宗教団体である東学党が減税や日本の進出を拒もうと起こした運動であり、その運動はやがて農民たちにも広がり朝鮮全土を巻き込む事になりました。


 その内乱に困った朝鮮政府は清に内乱鎮圧の為の援軍を頼みます。これに反応したのが日本です。


 当時の日本は、隣の国である朝鮮がロシアあたりの強国に勢力を強められるのを警戒していました。なぜなら朝鮮が襲われたら、次は日本が狙われるからであります。当時の日本は、それらの強い国々に肩を並べる為にアジア進出を描いていたのです。その為には、朝鮮は日本の影響下に置いておきたかったのが当時の情勢でありました。


 しかし、その頃の朝鮮は清国が「朝鮮は清国の管理下にある」と主張していました。日本も朝鮮を開国させて、影響力を強めていましたが、清国がどうしても邪魔な存在でありました。当時日本は、清国とはさまざまな問題を抱えていました。そこに東学党の乱の鎮圧依頼が清国に届いたので、清国がそれ以上朝鮮に対して影響力を持たない為にも、将来の日本を守る為にも日本と清国が結んでいた天津条約を破ったという事と、朝鮮にある日本公使館を守らなければならないので、朝鮮に兵を出兵させるのであります。


 そしてこの内乱終結後に日本と清は戦争状態へともつれ込んでいくのであります。これが日清戦争であります。諸説はありますが日本軍約24万人に対して、清軍約63万人との衝突となりました。


 数の上では日本はかなり不利な数でありますが、日本は巨額の軍事費を議決で可決していて、また1873年の徴兵令以降、ドイツ式に変更された陸軍とイギリス式となった海軍など貧欲に軍の強化に努めていた日本軍は、なんと約8ヶ月で戦争に勝利することになります。そして、日清戦争に勝利した日本は下関条約を清と結ぶのであります。

 

 下関条約
朝鮮の独立を認めること
遼東半島を日本に譲り渡す
台湾を日本に譲り渡す
澎湖諸島を日本に譲り渡す
賠償金二億両を日本に支払う
日清通商航海条約を結ぶ

日露戦争

 日露戦争とは1904年2月から1905年9月まで、日本とロシアが戦った戦争であります。日清戦争に勝利した日本は、下関条約を結び多額の賠償金と土地を譲り受けます。その中に遼東半島という場所がありました。この遼東半島は、ロシアやイギリス、ドイツ、フランス、アメリカ、イタリアなどが戦略的に重要な場所だという事で、日本に半島をとられる事を快く思っていませんでした。特にロシアは強く、この遼東半島を狙っていました。そしてロシアは、ドイツとフランスを誘い日本に「遼東半島を清に返せ」と干渉してきます。

これを三国干渉といいます。

日本は当時の社会情勢、そして軍事力などを考え、泣く泣く遼東半島を清に返すことにしました。


 そして、その後清は欧米列強国といわれる国々に次々と侵略を許すことになります。ロシアは日本から返させた遼東半島の一部を租借といって一定期間借りる約束をとりつけていますし、ドイツ、フランス、イギリスも遼東半島を租借していきました。そんな中義和団という清の宗教団体が立ち上がり、外国の勢力を追い払おうと運動を始め、清の指導者であった西太后が義和団を支持して各国に宣戦布告しました。


 これを日本、ロシアを含む8カ国は共同出兵し鎮圧し、清はこれまでより更に過酷な条件の北京議定書を受け入れる事になりました。


 ロシアはこの事件後、他国が兵を引き上げる中、部隊を増強し満州を占領しました。満州の南には朝鮮があり、その先は日本があり、日本は朝鮮半島を防衛の生命線と考えていましたので、ロシアの進出を防ぐ為に日本と同様にロシアの勢力拡大を嫌っていたイギリスと日英同盟を結びました。日英同盟を知ったロシアは、満州からの撤退を約束しますが、この約束を無視します。そして南下政策続行の動きを続けるロシアを、危険とみなした日本は遂にロシアとの戦争を決意しました。そして世界最強といわれていたロシアのバルチック艦隊を日本海海戦で、東郷平八郎大将率いる大日本帝国海軍連合艦隊が撃沈し、日本は日露戦争に勝利しロシアのアジア進出、朝鮮占領を食い止めたのであります。


 この様に日清・日露戦争はアジアを欧米各国より守る為の戦争でもありました。インドの首相ネール氏はアジアの一国である日本の勝利は、アジアの全ての国々に大きな影響を与えた。当時は、ロシアは世界一の陸軍国であり、日本は負けると思っていました。アジア人は西洋人にはかなわないと思っていたのです。

日本の勝利によりアジア人は自信と誇りに満ちたのです。


 また中華民国建国の父・孫文は、日露戦争はアジア人の欧州人に対する最初の勝利であった。この日本の勝利は全アジアに影響を及ぼし、全アジア人は歓喜し、極めて大きな希望を抱くに至り、大国の圧政に苦しむ諸民族に民族独立の覚醒を与え、ナショナリズムを急速に高めたと語りました。

HPリンク集

※下記画像をクリックすると

 リンク先へ訪問できます。

麻薬追放   国土浄化同盟 HP
麻薬追放   国土浄化同盟 HP
任侠道 HP
任侠道 HP
悠久社 HP
悠久社 HP
飛鳥の光 HP
飛鳥の光 HP
暴対法暴排条例 HP
暴対法暴排条例 HP
振込詐欺について HP
振込詐欺について HP
警察官・公務員の不祥事HP
警察官・公務員の不祥事HP
日本赤十字社     義援金ご案内 HP
日本赤十字社     義援金ご案内 HP

東日本大震災で被害に

あわれた方々を支援しています。

一日も早い復興にご協力下さい。

セーブザチルドレン支援金ご案内 HP
セーブザチルドレン支援金ご案内 HP

日本の子供たちの貧困を

なくす為支援しています。

ご支援にご協力下さい。