日朝/日韓の歴史

倭国と百済の関係

=663年白村江の戦いで唐・新羅連合軍と戦う=

倭国(日本)と百済の関係

 朝鮮半島では、50余りの小国家が統一され、4世紀には百済、新羅、高句麗が王国を築き、以後この3国間で激しい争いが続き、領土を拡大したり縮小したり、都を移したり、一旦滅んだ国を再興したり、驚くべき豪華な文化と技術を発展させた国があった。


 その百済と倭国は異常なまでに親密な関係にあった。百済は、仏教や論語、文字、土木技術などを日本へ伝えた。660年唐と新羅連合軍によって百済が滅亡すると、翌年9月百済再興の為に、倭国(斉明天皇、中大兄皇子、中臣鎌足ら)は人質として倭国に来ていた百済の皇子豊璋(ほうしょう)に5000人の兵をつけて百済へ送り帰した。


 また662年斉明天皇と中大兄皇子は飛鳥を出て筑紫の朝倉の宮に移って百済援軍の準備をし、663年3月倭国は5万とも10万とも言われる人と1千艘の軍隊を派遣して、唐‐新羅連合軍と戦い、百済再興をはかった。倭国は何故自国が危機に瀕する程度の援軍を出したのであろうか?


 魏志の倭人伝には、238年頃、『倭人は、帯方郡の東南の大海の中にいる。山の多い島で、国や村で成り立っていて、もとは百余りの国があって漢の時代には朝貢する者もいたが、今は使者や通訳など通ってくるのは、30カ国である。』と記載されているように、高句麗や百済は記載されていない。当時朝鮮半島を支配していたのは公孫氏政権であった。204年に公孫度の跡を継いだ公孫康時代に朝鮮半島へ進出し、楽浪郡を手に入れ、200年から210年代にかけて楽浪郡の南に新たに帯方郡を置く等、朝鮮半島を支配していた。


 「三国志」によると、倭国や朝鮮半島南部の50余りの小国家(いわゆる馬韓・弁韓・辰韓の三韓)が帯方郡に従ったとあり、東方の異民族との外交権を掌中に収めていたことが伺われる。


 景初二年(238年)の十二月、皇帝から倭の女王に詔が下される。『親魏倭王卑弥呼に詔を下す。帯方郡の太守の劉夏が、使いをよこして汝の大夫難升米・・・』と魏志の倭人伝にはある。


 よって紀元前18年に嬌国されたということは百済の建国神話であると言える。実際に国として統一されたのは4世紀頃であろう。

ソウル漢城

 百済の起源が史料に明らかになるのは、馬韓の地域を統一し、現在のソウルの漢江の南岸に漢城を築き独立国家となったのが346年第13代近肖古王の頃で国号を百済とした。


 371年平壌を攻めて高句麗の第16代故国原王を戦死させ、倭国は369年任那を確保し、ここから朝鮮半島を干渉した。その後は高句麗の広開土王に押され気味となり、纂17代阿芋王は高句麗に対抗するために倭国と結ぶようになり、397年太子を人質として倭国に出したり、七支刀(奈良県天理市の石上神社に現存する)を倭国に送った。


 また405年百済の阿直岐、博士王仁などが応神天皇の招きで日本に渡来し、論語、漢字を伝え、皇子(後の仁徳天皇)の教育をした。405年阿芋王が死ぬと、日本に人質として送られていた太子を帰国させ、第18代腆支(てんし)王となり、倭国との関係を維持しました。


 高句麗の第20代長寿王は平壌に遷都し、百済に対する圧力を加え、これに対して百済は、この頃に高句麗の支配から逃れた新羅と同盟を結んだが、475年には首都・漢城を落とされ、第21代蓋鹵(がいろ)王が戦死した。

よってソウルは高句麗の支配となる。


 第19代広開土王(391~412)の碑には、

※新羅、百済は高句麗の属民であり、朝貢していた。しかし倭が391年に海を渡り百済、加羅、新羅を破り、臣民となした。

※また【399年百済は先年の誓いを破って倭と和通した。そこで王は百済を討つため平譲に出向いた。ちょうどそのとき新羅からの使いが『多くの倭人が新羅に侵入し、王を倭の臣下としたので高句麗王の救援をお願いしたい』と願い出たので、大王は救援することにした。

※400年、5万の大軍を派遣して新羅を救援した。新羅王都にいっぱいいた倭軍が退却したので、これを追って任那・加羅に迫った。ところが安羅軍などが逆をついて、新羅の王都を占領した。

※404年、倭が帯方地方に侵入してきたので、これを討って大敗させた。】とある。


 ここに記載の391年倭が百済新羅を征服したに対応するのは、古事記、日本書紀の『神功皇后は、朝鮮半島へ出兵し、新羅、百済及び高句麗を降伏させた』と記されていることから、神功皇后だろうか。


 また倭によって支配を受けていたことも明らかとなっており主従関係が存在しており、百済の王族は、倭によってその婚姻が決められており、基本的には百済王の后は倭人の中から選ばれ、その王子が王位に付くまでは人質として倭国に来ていたことがうかがえる。

百済復興運動

 倭国は、658年、659年、660年の3回にわたり、阿倍比羅夫に船180艘を連ねて日本海側から奥州の蝦夷討伐をさせた。


 660年7月18日唐の蘇定方将軍の軍が山東から海を渡って百済に上陸し、百済王都を占領した。義慈王は熊津に逃れたが間もなく降伏して百済は滅亡した。


 百済滅亡を知った倭国では、百済復興を全面的に支援することを決定し、661年1月斉明天皇は筑紫国朝倉宮に遷った。7月ここで斉明天皇が病気で亡くなり、中大兄皇子は母の遺体を都まで運んだ後、即位の式もせずに、出兵の号令を出した。8月倭国に631年から人質として来て30年間滞在していた百済王子である扶余豊璋を急遽帰国させるとともに阿倍比羅夫らからなる5000人の救援軍を派遣し、662年帰国した豊璋は百済王に推戴されたが、実権を握る鬼室福信と対立し、遂にこれを殺害するなどの内紛が起きた。


 やがて唐の増援軍が到着し、663年8月23日倭国の水軍と白村江(白馬江)で決戦に及んだが、数で圧倒する倭国軍は1日足らずで大敗してしまった。蝦夷から集めた奴隷兵だったので、戦意に欠けていたのではないだろうか。または百済の貴族の救出作戦が主な目的だったのではないだろうか。


 9月25日倭国は、亡命を希望する1万人とも言われる多くの百済貴族を船に乗せて出港した。豊璋は密かに高句麗に逃れたが、高句麗もまた668年に滅亡した。


 平成天皇は68歳の誕生日を前に、日韓共催のワールドカップで韓国との交流がひろがることを語るなかで、「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると『続日本紀』に記されていることに韓国とのゆかりを感じています」と語られました(2001年12月18日)。


 皇室が遠いむかしから百済王家と血縁をもっていたことは、『日本書紀』にも記されている。この報道は日本では余りされずに、韓国では大々的に報道されたようです。


 山口県の大内氏は百済の聖明王の第3皇子である琳聖太子の後裔と称している。琳聖太子が日本に渡り、周防国多々良浜に着岸したことから「多々良」と名乗り、後に大内村に居住したことから大内を名字としたとするとも言われている。


 もし血縁関係がなければ、滅亡した百済を再興するために、亡国の危険を越えて援助することはなかったと思われる。また武寧王の棺も血縁関係があったから倭国が高野槇の棺を贈ったと思う。

HPリンク集

※下記画像をクリックすると

 リンク先へ訪問できます。

麻薬追放   国土浄化同盟 HP
麻薬追放   国土浄化同盟 HP
任侠道 HP
任侠道 HP
悠久社 HP
悠久社 HP
飛鳥の光 HP
飛鳥の光 HP
暴対法暴排条例 HP
暴対法暴排条例 HP
振込詐欺について HP
振込詐欺について HP
警察官・公務員の不祥事HP
警察官・公務員の不祥事HP
日本赤十字社     義援金ご案内 HP
日本赤十字社     義援金ご案内 HP

東日本大震災で被害に

あわれた方々を支援しています。

一日も早い復興にご協力下さい。

セーブザチルドレン支援金ご案内 HP
セーブザチルドレン支援金ご案内 HP

日本の子供たちの貧困を

なくす為支援しています。

ご支援にご協力下さい。